代表者 ご挨拶

綾瀬ボーイズ代表山ア洋一 皆様方におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

ボーイズリーグは1970年(昭和45年)に大阪で発足。わずか28チームからのスタートし、 いまでは北から南まで41支部、小・中学生の部併せて約725チームの大きな組織に発展しました
私たち地域の子供たちが、中学硬式野球活動する上での良い環境作り、更に地域社会で認知される野球チーム作りを目指し活動しています。、
そして未知なる子供たちの大きな夢へ向けて取り組んでおります。

『チーム活動取組』

活動はあくまで子供たちへのボランティア
時代に求められる精神・知識バランスのとれた人間形成作り
高校球児へのステップ、学校教育への尊重・優先し活動
地域社会での信頼及び認知されるための活動
『子供のスポーツ権利章典』を心得日々活動
『「少年野球をする」事の意義』を心得日々活動


『子供のスポーツ権利章典』
1. 能力のいかんに関わらず、スポーツに参加する権利
2. 適正な大人の指導を受ける権利
3. 安全で、健康な環境でスポーツをする権利
4. 子供がリーダーシップや自主性を発揮する権利
5. 大人としてではなく、子供としてプレーする権利
6. スポーツ参加のためにふさわしい準備をする権利
7. 成功のために平等な機会が与えられる権利
8. 尊厳をもって扱われる権利
9. スポーツを楽しんでする権利


綾瀬ボーイズ代表山ア洋一

綾瀬ボーイズ 活動指針

綾瀬ボーイズ指針  監督 若林 均

 

綾瀬ボーイズの歩み

綾瀬ボーイズの歩み

2003年2月 チーム発足 代表:山ア洋一 GM:若林均 監督:山ア洋
3月 渇。浜ベイスターズより支援を受け、チーム名を県央シーレックスとする。
日本少年野球連盟神奈川県支部に加盟申請
 6月 日本少年野球連盟に加盟 
 2004年5月 第1回湘南シーレックス大会主催・公式戦初参加初勝利 
10月 藤沢市・近隣団体より富士見台グランド使用許可 
 2006年7月 富士見台グランドナイター設備等完成
第1回関東ブロック交流東京西山梨大会 優勝 
 2009年1月 連盟方針によりチーム名を「綾瀬シーレックスボーイズ」に 
 3月 富士見台グランド閉鎖 
 5月 大和市・地権者ならびに使用団体より関水グランド使用許可
ナイター設備移設 
5月 第6回静岡大会 準優勝 
2012年5月 関水グランド閉鎖
2012年8月 大庭北屋敷練習所開設
2013年1月 連盟方針によりチーム名を『綾瀬ボーイズ』に
創立10周年記念式典開催
2013年5月 第9回綾瀬シーレックスボーイズ大会 3位
2013年8月 第38回関東大会出場
2016年4月 中村練習場開設
2016年12月 大庭北屋敷練習所閉鎖
2017年6月 第48回日本少年野球選手権大会神奈川予選ベスト4
2018年7月 第43回日本少年野球関東大会神奈川ブロック予選 準優勝

Copyright(c) 2013 綾瀬ボーイズ All Rights Reserved.